不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

任意売却、専門業者は?どうやって依頼する?のアイキャッチ

任意売却、専門業者は?どうやって依頼する?

任意売却、専門業者は?どうやって依頼する?のアイキャッチ

住宅ローンの返済が停滞し続けていれば、先々マイホームは競売にかけられるようになります。
しかし、競売でマイホームを売却した場合は、市場の一般的な価格よりも非常に安くなる場合がほとんどです。
そのため、住宅ローンの残債が多くなり、毎月この残債を返済する必要があります。
競売によって失ったマイホームの住宅ローンの残債を返しながら、現在の生活もやりくりする必要があるため負担が大きくなり、さらに債務者の生活は困ってしまうでしょう。

マイホームを売却する必要がある場合は、可能な限り高額になる方がいいでしょうが、任意売却であればこれが実現できます。
そして、任意売却専門業者の場合は、専門に任意売却を扱っています。

また、任意売却専門業者へ頼むと、マイホームを売る以外に、引越しする代金や引越しするところを債権者と交渉したり、住宅ローンの残債を返す方法についてアドバイスしたり、交渉したりしてくれます。
債務整理や自己破産が必要であれば、弁護士を紹介してくれるなど、債務者にいろいろなメリットがあります。

任意売却業者の選び方のコツ

任意売却業者の選び方のコツは何かあるか、どのような任意売却業者へ頼むといいか分からない、などというようなことをよく耳にします。
やはり、任意売却が成功するポイントは、高い交渉能力があり、債務者にとって頼れる任意売却業者に頼むことです。
任意売却業者の中には、良くない業者もいます。
このような良くない任意売却業者の場合は、見計らったように競売の配当要求終期の公告の後などに、電話やダイレクトメールなどで営業を行ってきます。

このような任意売却業者にもし頼んだ場合は、お金をいろいろな理由をつけて払わされるだけでなく、任意売却は最終的に失敗して、競売になる場合も多くあります。
では、任意売却業者はどのようにして選ぶといいのでしょうか?

任意売却業者の選び方のコツ

任意売却業者の顔が見えるか?

最近は、任意売却業者をネット経由で探す人が多くいます。
任意売却の場合は、相談員や代表者のプロフィールや顔写真などが、任意売却業者のホームページに掲載されているか、きちんと身元を証明する会社情報などの情報が掲載されているかなど、非常に業者との信頼関係が大切になります。
話し合いが本音でできる業者か、しっかりと判断しましょう。

任意売却業者は信頼できるか?

任意売却業者が不動産を扱うためには、宅地建物取引業免許が必要になります。
また、任意売却業者が、任意売却に関係するいろいろな団体に入っているかチェックしましょう。

実績があるか?

任意売却の実績があるほど、いろいろなノウハウや知識を持っています。
そのため、どの程度任意売却の実績があるかも大切なことです。
任意売却の実績があるほど、任意売却に成功する可能性は大きくなります。

アドバイスが任意売却した後にあるか?

任意売却した後も、交渉を債権者とするためのアドバイスを住宅ローンの残債を返す方法について行ってくれたり、必要な場合には弁護士を法律に詳しい人が紹介してくれたりするなど、フォローをしてくれる業者を選びましょう。

スピーディーに担当者は対応してくれるか?

任意売却する場合は、スピードがやはり大切です。
任意売却について相談した際、スピーディーに担当者が対応してくれるかが大切です。

また、頻繫に相談にのってくれる担当者が変更になることはないでしょうか?
同じ相談員が初めから終わりまで担当してくれると安心でしょう。
また、率直に知りたいことや質問などに対して対応してくれるか、話を誠意をもって聞いてくれるか、きちんと具体的な手順や対応策、流れなどを説明してくれるか、ということも業者の選び方の大切なポイントです。

こんな任意売却業者には気をつけて

任意売却業者が悪徳・悪質な場合は注意しましょう。
任意売却は、競売と比べて、実際に引越し費用が捻出できることがあります。
引越し費用の相場としては、数十万円というような時代も一昔前はありましたが、10万円〜30万円くらいに昨今はなっています。

しかし、任意売却業者の中には、大げさに引越し費用を宣伝して、集客しようとする悪徳・悪質なところもあります。
例えば、引越し費用を数十万円準備します、任意売却に成功すると、数百万円をご祝儀として現金でお支払いします、などというような謳い文句の大げさなもので期待を抱かせるような任意売却業者には、決して頼まないようにしましょう。
このようなことは実際にはありえません。
このような任意売却業者にもし相談したとしても、噓をついていたり、適当なこと言っていたり、誠意がなかったりするでしょう。
お金の面だけで期待を抱かせるような任意売却業者には、頼まないようにしましょう。

どんな専門業者がいるの?

任意売却業者を選ぶ場合は、どんな専門業者がいるか把握しておく必要があります。
ここでは、どんな任意売却業者準がいるか?についてご紹介しましょう。
任意売却業者を選ぶ場合は、ぜひ参考にしましょう。

大手の任意売却専門業者

任意売却専門業者を選ぶ場合は、知名度や規模を気にする人が多くいます。
しかし、知名度や規模は、実際に任意売却に成功するかどうかには関係ありません。
有名なチェーン店や大手の不動産業者の主な業務は、普通の不動産取引や賃貸仲介です。
そのため、不動産取引として債権がからむ任意売却については、ノウハウや知識を持っていません。

任意売却の場合は、当然ですが、不動産取引以外に法律の知識や専門の知識も必要になりますが、この他にも、利害関係がある人や債権者と交渉したり、依頼する人のケア、法律のプロとの連携、残債の返済に関するアドバイスなど、小回りが利かないと扱いが困難になります。

また、適切な表現ではないかもしれませんが、大手の任意売却業者からすると完全成功報酬タイプ、つまり成功しなければ全く報酬が無くなるので、任意売却に注力しているところは多くありません。
そのため、任意売却業者の知名度や規模で選ぶということでなく、売却を有利に導いてくれる信頼できるところを選びましょう。

近くにある不動産屋業者

任意売却の相談をする際に、近くにある知り合いの不動産業者に頼んだ、というような人が多くいるそうです。
また、任意売却専門業者にわざわざ相談しなくても、いつもお世話になっている知り合いの不動産業者に頼んでも同じではないか、というような人もいるでしょう。
普通の不動産取引などの場合では、知り合いの近くの不動産業者でも十分かもしれません。

しかし、任意売却の場合は違っています。
というのは、普通の不動産業者の場合は、不動産取引として債権が絡んでいるものは扱った経験がなく、ノウハウも専門知識も持っていないためです。
任意売却についても同じ不動産取引ですが、任意売却の場合は金融機関の銀行などの債権者と交渉することが必要になります。
そのため、任意売却についてどの程度交渉力があるかノウハウと高度な知識経験があるか、ということが成功のポイントになります。

また、債権者から承諾をもらう以外に、滞納している税金や引越し費用の捻出なども、交渉によって全て決まります。
当然ですが、住宅ローンの残債を任意売却した後に払う方法に関しても、債権者と交渉することで決まります。
この交渉がもしまとまらなければ、債権者から承諾をもらうことができなく、任意売却を希望したとしても競売になるリスクがあります。
任意売却が成功するかどうかのポイントは、債権者との交渉であると言ってもいいでしょう。
任意売却専門業者であれば、このノウハウを持っています。
そのため、近くの知り合いの不動産業者でなく、任意売却専門業者に頼むようにしましょう。

銀行からすすめられる任意売却専門業者

住宅ローンの返済が停滞すると、金融機関から、このような状態では不動産の売却が競売になってしまうため、任意売却をその前に行いせんか、というように提案される場合があります。
このような場合は、任意売却を決心するためには勇気が非常にいるでしょう。

しかし、この後の方が実際には大切です。
銀行からすすめられた不動産業者に頼むか、あるいは自分で見つけて任せたいと考える不動産業者に頼むか、ということによって、大きく結果が違う可能性があります。
依頼する人の立場に立っているか、それとも債権者である銀行の立場に立っているかということで、どちらに結果が有利になるのかが違ってきます。
当然ですが、任意売却業者からすると、任意売却を頼んだ人ができる限り有利になるように行動するでしょう。
そのため、任意売却をできる限り有利にしたいというように考えているのであれば、自分自身で探して、依頼する人のために行動してくれる任意売却専門業者に頼むようにしましょう。

任意売却に強い弁護士?

任意売却を相談する場合はどのようなところに相談するといいのでしょうか?
任意売却は、弁護士に相談するのがおすすめです。
いざという場合には、弁護士は非常に頼りになります。

しかし、弁護士は、法律についてはプロですが、基本的に、不動産についてはプロではありません。
任意売却の場合は、理由が住宅ローンの返済の滞納という金銭的・経済的なトラブルである場合が多いため、まず司法書士や弁護士へ相談すると考えている人が多くいます。
そのため、任意売却を扱う司法書士や弁護士も、最近は多くなってきました。
競売にならないような方法、現在の自宅にそのまま住める方法、引越し費用をなんとか捻出する方法などは、住宅ローン問題のプロ、不動産のプロ、競売や任意売却のプロでないと知りません。

確かに、債務整理などは司法書士や弁護士も得意ですが、まだまだ任意売却に対しては十分に慣れていない人が多くいます。
不動産についはプロでない司法書士や弁護士に相談したために、解決が任意売却でできたものを債務整理の自己破産などになった、というようなケースも多くあります。
住宅ローンの返済以外にも、返済が停滞しているものがあれば、当然ですが、司法書士や弁護士にも協力を頼む必要があります。
このようなことから、任意売却を弁護士に相談する場合は、任意売却の経験がある人に頼みましょう。

弁護士に任意売却を依頼するメリット

弁護士に任意売却を依頼すると、スムーズに法的手続が行えるというメリットがあります。
任意売却の場合は、債務整理なども実施するようになるので、法律を取り扱った経験や法律の知識がなければ、相当難しくなります。
住宅ローンの返済をするためのお金がないため自宅を売却しようとしているにも関わらず、時間が手続などによってかかると、住宅ローンをこの間も返済する必要があります。

このようなことから、任意売却業者に頼んだ人が、再度弁護士に頼み直すというようなケースもあります。
不動産業者の中には、全く任意売却についての実績が無いというようなところもあります。
法律のプロの中にも、全く任意売却の問題を取り扱った経験がない人もいます。

しかし、専門に任意売却を取り扱っている人もいるので、豊富に経験があるプロを探すと全く問題もありません。
法律のプロに、このような任意売却の問題は頼むのが最も安心できるでしょう。

任意売却、専門業者は?どうやって依頼する?まとめ

ここでは、任意売却専門業者って? 任意売却業者の選び方のコツ、こんな任意売却業者には気をつけて、どんな専門業者がいるの? 任意売却に強い弁護士? 弁護士に任意売却を依頼するメリット、についてご紹介しました。
任意売却専門業者の場合は、専門に任意売却を扱っています。
任意売却業者の選び方のコツは、任意売却業者の顔が見えるか? 任意売却業者は信頼できるか? 実績があるか? アドバイスが任意売却した後にあるか? スピーディーに担当者は対応してくれるか? が挙げられます。
任意売却業者が悪徳・悪質な場合は注意しましょう。

任意売却の専門の業者としては、大手の任意売却専門業者、近くにある不動産屋業者、銀行からすすめられる任意売却専門業者、が挙げられます。
任意売却は、弁護士に相談するのがおすすめです。
弁護士に任意売却を依頼すると、スムーズに法的手続が行えるというメリットがあります。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

この記事を見た人が見ている記事