不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

つなぎ融資

更新日:2018年12月29日

つなぎ融資とは

注文住宅など、住宅ローンなどの融資が実行されるまでの間に必要な資金を借りるための融資を「つなぎ融資」と言います。

つなぎ融資が何故必要なのか

家を建てる時に、住宅ローンを組む方は多いのですが、住宅ローンは原則、家が完成してから組むことができるローンとなりますので、物件が完成するまでは利用することができません。そもそも住宅ローンは、建てる家を担保としているからです。つまり、すでに完成している分譲住宅を購入した場合には、すぐに住宅ローンを利用することができるけれども、注文住宅の場合には家が完成するまで利用することができないということです。

土地を購入して家を建てる場合、土地の購入代金やハウスメーカーや工務店などの業者に着手金を支払わなければいけません。それらの費用を自己資金で賄える場合はよいのですが、手持ちの資金が不足する際に、利用するローンがつなぎ融資となります。つまり、家が完成するまでの間に利用することができるローンというわけです。

つなぎ融資の利用中は、利息のみの返済となりますし、家が完成した後に組んだ住宅ローンによって、まず融資を受けたつなぎ融資を精算し、それから住宅ローンの返済がスタートするという流れとなります。つなぎ融資を利用することによって、手持ちの自己資金が少なくても、すでに完成した建売住宅ではなく、注文住宅を購入することが可能となります。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。