不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

オーナーチェンジ

更新日:2018年12月29日

オーナーチェンジとは

賃借人はそのままで物件のオーナーのみが代わることを言います。こうした点から、オーナーチェンジ物件とは投資用物件が大半となっています。

オーナーチェンジ物件を購入することには、メリットとデメリットがあります。メリットには、家賃収入をそのまま引き継ぐことが出来ます。物件のオーナーなので家賃を受け取る権利もそのまま移行します。デメリットには、賃借人との契約を引き継ぐということです。どんな契約を前のオーナーがしていても、引き継ぐことになります。こうした物件を購入するなら、賃借人とどのような契約をしているかチェックすることがポイントです。きちんとチェックすれば、購入してからトラブルになる事態を避けられます。オーナーチェンジ物件は、増えていることからトラブルも増えています。敷金返還などもきちんと確認することが大事です。敷金返還や賃借契約の中身を確認するだけでも、リスク管理を行うことが出来ます。しっかりと、どんな契約をしているのかを確認することは大切なポイントです。借りている人は、前のオーナーと同意の上で契約しているため強い権利をもっています。購入したオーナーは、こうした契約内容も全て引き継ぐことになります。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。