不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

つぶし物件(つぶしぶっけん)

更新日:2018年12月29日

つぶし物件とは、不動産業界で使われる専門用語の一種で、他の物件をよりよく見せるための引き立て役に該当する物件を指します。不動産物件は高額な物が多いので取引に時間がかかりやすい傾向がありますが、資産価値が低く魅力が無い物件を先に見せることで、他の物件が相対的に優良物件に見えやすくなり、取引が迅速に進みやすくなります。そのため、不動産取引を行う際はつぶし物件の見せ方が時間の長短を決める一因になります。

動産業者が他の物件と比較することで評価するものなので、対象の物件が必ずしも低価値とは限らない点を注意する必要があります。特に住宅や駐車場などを売却する場合、業者によっては在庫の物件を早く売却する目的で所有者に無断でつぶし物件として扱うケースがあります。そのため、物件の売買については複数の業者を比較して対象物件の正しい価値を見極めることが取引で失敗しないための心得です。

つぶし物件に該当する不動産物件はその多くが不動産業者の主観で判断されますが、立地環境や築年数など客観的な要素でつぶし物件と見做されるケースもあります。つぶし物件の判断基準は取り扱う不動産業者によって異なるので、実際の価値を知るためには自分の目で確認することが重要になります。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。