不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

建築基準法(けんちくきじゅんほう)

更新日:2018年12月29日

建築基準法とは

建築法規の根幹を成す法律で、この法律の下には、建築基準法施行令・建築基準法施行規則・建築基準法関係告示が定められており、建築物を建設する際や建築物を安全に維持するための技術的基準などの具体的な内容が示される。建築基準法が日本国民の生命・健康・財産保護の最低基準を指し示す方針を掲げています。(Wikipedia引用)

建物は生活をする上で非常に大切な物であり、現代ではもはや無ければいけないとされています。そうは言ってもただ単に様々な場所に作って良いのでは無く、しっかりと建築基準法に乗っ取っている必要があります。

それはやはりしっかりと決まりを定めていなければ体裁を保つ事は難しく、多くの人の生活にも支障をきたすためです。しかも最近では基準は厳しくなっているが、安心した暮らしを提供するには大事な部分になっています。したがって建物を作る時には基準法がある事を理解して、絶対に違法をしない様にするべきです。

そうすれば生活をする事の安心を充分に保証出来て、実際に誰が住んだとしても全く心配は無いと言われています。
その他にも基準法の中には自然災害の際の対処法も書かれており、その事もちゃんと守らなければいけなくなっています。その理由としては特に日本は自然による被害が大きいので、そこを重点的に考える必要があったからです。それに建物に与える影響にも凄まじい物が出ていたため、前もって対策を練った形になっています。したがって建築基準法とは日本国民が住んでいる建物の安全を守る物で、より良い生活をするためには必要不可欠とされています。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。