不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

チラシ投函(ちらしとうかん)

更新日:2018年12月25日

チラシは商品や製品、サービスの宣伝方法の1つであり一定のターゲットに向けて配布されます。方法としては新聞に折り込んで配布する場合や駅前などの交通量も多く人々が大勢行き交うような場所において手渡しで行われる場合もあります。

それからマンションとか戸建て住宅を1軒1軒回って郵便受け箱に投函する方法も行われます。

これらの方法はあらかじめ年齢や性別、職業柄が分かっている場合、あるいはこれまでの商品や製品、サービスの購入履歴から統計的にターゲットとなる層が把握されている場合にはそれに基づいて配布される場合もありますが、新聞の折込広告のような形の場合には一般向けとして配布されることになります。

ただ郵便受け箱から一度は手に取って部屋の中へ入るまでに確認されるので、もしそこに掲載されているキャッチコピーやイラスト、写真などが魅力的で惹きつけるものであると興味や関心を持ってもらえるチャンスはあります。よって読まずにゴミ箱へ直行するということも少ないとも言えます。

もしその内容が探しているものであるかそれに近いものである場合には問い合わせや資料請求、申し込みに結び付く可能性もあり、こうなると反応率が上がることになります。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。