不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

消費者契約法(しょうひしゃけいやくほう)

更新日:2018年12月25日

消費者契約法とは

消費者と事業者の情報力・交渉力の格差を前提とし、消費者の利益擁護を図ることを目的として施行された法律です。

日常生活をする際には様々な物を買わなければいけなく、とても大事な事になっています。それはやはり最低限の暮らしをするには食糧や日用品などが少なからずいり、絶対に必要不可欠な物とされているためです。しかしながら物を購入する時の何かしらの基準が無ければ企業が高い価格を設定する事もあり得るので、気を付ける必要があります。

そこで大切になってくる物が消費者契約法で、実際に消費者を色々な場面を通して助けています。

しかも詐欺にかかった場合にも多くの対処法が兼ね備えられているので、とても安心感が出ています。したがって物を買う際に困った事があれば消費者契約法に頼り、どんな事だとしても救ってもらう方が良いです。そうすればどの様な買い物をする時にも全く心配はいらず、それぞれの人達にとって適切な物を買う事が出来ます。

そこから日常生活を良くする部分に繋がっていくので、消費者契約法が果たしている役割は非常に大きいです。よって消費者契約法とは国民の生活を助ける物であり、どんな場面だとしても味方になってくれます。そうすると企業側にとっても意識的に質の良い物を作る様になり、今まで以上に消費者に利益が出る事が確実に見込めます。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。