不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

担ボ(担当ボーナス)

更新日:2018年12月29日

担ボ(担当ボーナス)とは

不動産の売主となる企業が仲介業者の営業マンに支払う謝礼金のひとつです。通常支払われる仲介手数料とは別に支払われるものになります。

担ボが特に利用されるのは、売れ残りの不動産です。売れ残っている不動産には必ず売れ残るだけの理由があるものですが、立地や間取りなど不動産にある条件の多くは簡単には変更できません。それでも売らなければ売主は損害を被ることになります。損害の発生を避けるためには、仲介業者の営業マンに奮起してもらう必要があります。そこで仲介手数料とは別途謝礼金を設けることで、特定の不動産の営業に注力してもらう…これが担ボの仕組みです。

担ボの金額は数万円から数百万と、時々によってバラツキが激しくなります。これらの金額は大抵の場合、仲介手数料に上乗せされています。つまり、売主が捻出したお金ではなく、顧客が負担しているお金で成り立っているんです。

売れ残るほど条件が悪い不動産の上、手数料を上乗せされているわけですから、顧客にとってはフェアではありません。そのため多くの仲介業者では担ボの受け取りを禁止しており、中には担ボの受け取りが発覚した時点でクビになるなど、厳しい処分が下されるケースもあります。

しかし、経営の苦しい業者や売り上げ重視の業者は担ボを黙認しているところも多く、雇用先が禁止していてもこっそり懐に入れる営業マンもいると言われています。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。