不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

一括決済(いっかつけっさい)

更新日:2018年12月29日

一括決済とは

一般に不動産の売買においては売買契約と残高決済、登記がそれぞれ別の日に行われます。なぜなら不動産は高額なものなので、買主が融資を利用したり、売却物件に抵当権が設定されていることがあるためです。
ところがいくつかの条件が揃っていれば、これらの作業を一度で行うことが出来ます。

その条件とは、
「物件に抵当権がないこと」
「売買代金を融資を受けることなく自分の資金で用意できること」
「不動産をすぐに引き渡しできること」
といったものです。これを「一括決済」と呼びます。

一括決済を行うと、普通に商品を購入する際と同じようにお金を全額支払い、不動産の引き渡しを受けることになります。当然その不動産の所有権はその時点で移動し、登記も同時に行います。
不動産の売買契約当日はいくつかの重要事項の説明を聞き、売買の契約を結んで代金の授受や分担金の清算、物件の引き渡し、登記を申請する手続きを行う必要があるため、長い時間がかかってしまいます。

以上のように一括決済ではすべての手続きを一度で行うのでシンプルで分かりやすく煩わしくないことがメリットではありますが、その代わりに事前にしっかりとした準備を行わなければなりません。ちなみに一括決済による不動産売買の瑕疵担保責任については通常の不動産売買となんら変わりはありません。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。