不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

下見(したみ)

更新日:2018年12月28日

下見とは

「事前に見て調べておくこと」を指しています。

仕事の関係上、引っ越しを余儀なくする必要がある場合、重要なことは、多々あります。転勤先の会社の内容はもちろんですが、引っ越し先で一番大切なひとつに生活の場がその街中心になることです。
まずは最寄りの駅または、バス停はどこになるかそして暮らすことになる家「アパート、マンション、下宿先」からのルートを確認する必要があります。

また生活に必要なものをそろえるために購入先となる商店やデパート、ショッピングセンター等の場所確認、またいつでも利用可能な、クリーニング店、散髪店そして特に単身の場合、病気にかかった時にかかれる病院や薬等を購入できるドラッグストアも町のどこにあるかを確認しておくことが重要となります。

また、「下見」の住宅関連用語の別の意味として、「下見(板張り)」は、建物の外壁に長い板材を横に用いて、板の下端がその下の板の上端に少し重なるように張ることとしても使います。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。

目次