不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

あんこ(あんこ業者)

更新日:2018年12月29日

あんこ(あんこ業者)とは

表には出ない仲介業者のことです。
おまんじゅうの中に入っているあんこのように外側から、見えないことからこのように言われています。

あんこ業者が行っている役割りとは、スムーズに不動産取引を行うためには重要です。売り主が依頼した仲介業者の代わりに買い主を見つけたりもしています。
つまり、こうしたあんこ業者が複数入ることによって、多くの人に物件をアピールすることが出来ます。そのため、あんこ業者が1つの物件に複数入っていることもあります。

この場合だと買い主を見つけたあんこ業者は、本来の仲介業者から手数料の分け前をもらいます。本来の仲介業者の利益は、減りますが物件を素早く売ることが出来ます。あんこ業者は、もともと支払うはずの手数料から分け前をもらっているだけなので依頼主の負担は増えないので安心です。利益が減るのは、依頼した仲介業者だけです。不動産業界には、こうした仕組みがあるからこそ物件を素早く取引することが可能となっています。

不動産業界は、こうした仕組みを作り上げることによって買いたい人と売りたい人を効率的に結びつけることが出来ます。不動産取引を円滑化する役割りをあんこ業者は担っています。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。