不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

客付業者(客付)

更新日:2018年12月29日

客付業者(客付)とは

不動産の売却には、仲介業者の介入が必須となります。理由は、売り主と買い主の双方だけでは、不動産に関する知識が薄れている可能性があるからです。
しかし、仲介業者を選ぶには、その業者がどういった役割をしているかについてしっかりと調査をする必要があります。
この仲介業者には、元付けと客付けの二種類の業者があります。

元付けは、アパートなどのオーナーの空室を埋めたいまたは、マンションやアパートなどの空室を埋めたいなどの勧誘目的を持っています。
一方で客付けは、部屋を借りたいあるいは不動産を買いたいなどの目的を持っている不動産を探している人と売り主の間の架け橋的な役割をしています。実際に仲介をしている不動産業者の大半は客付けといっても過言ではありません。駅前にある大手の「部屋探し」と謳っているお店の大半がそれに当たります。
不動産の売却の場合は、売り主と買い主の間で土地の取引をサポートした上で仲介手数料をもらうというシステムです。中には、仲介手数料が無料の業者も存在するということも忘れてはなりません。
不動産売買の際にどの業者を選ぶのが妥当かというのは、事前にその業者の情報を把握しておく必要があります。仲介業者により、売却金額の差があります。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。