不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

登記事項証明書(とうきじこうしょうめいしょ)

更新日:2018年12月27日

登記事項証明書とは

土地の所在地や所有者についての情報が記載されている書類です。土地の広さから所有者が他に所有している土地の情報まで記載され、さらに土地の売買の記録や所有者の土地購入時の借り入れ先、借り入れの条件などの情報などについて記載されています。このように土地に関する多くの情報が掲載されていますが、所有者のみが得られる情報だけでなく、家族や親族以外の第三者でも入手することが可能な書類となっています。

また、登記事項証明書の入手に関しては、県庁などの公的機関にて手続きすることができ、発行には費用が発生します。発行された登記事項証明書には、専門用語が多く利用され、初見では不明点が多いことから書類を受け取る際に解説を受けながら受け取ることができます。このため、気軽に不明点についての相談を行うことができるので、安心して受け取ることができます。

そして、通常では登記事項証明書を使用する機会は少ないですが、主な使用方法としては、相続時などに利用されてます。相続の手続きにて土地の規模の把握や金額を算出する際の情報として活用される公的な書類として用いられる場合が多く、さらに最近では、裁判の資料などにも利用されることも多いです。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。