不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

テレアポ・テレオペ

更新日:2018年12月28日

テレアポとは

テレフォンアポインター、テレフォンアポイントの略。
企業や個人に対して、電話で営利目的の勧誘や注文受付などを行う電話勧誘販売に携わる電話接客の業務やそれに携わる人のことを表します。
主に取り扱うことが多いのは投資系(不動産や金)・高額商材・通信商材で、テレアポには販売に加えて買い取りサービスの案内を行うという業務もあります。

テレアポ・テレオペには、大きく分けるとインバウンドとアウトバウンドの2種類の業務が存在します。
どちらの業務もコールセンターという部署に属していて、中にはコールセンターを専門として他社の商品の受注業務や電話勧誘・サポートセンター・クレーム処理を請け負う企業もあります。

主にテレオペは、受信業務・インバウンド対応となり、カタログ販売の冊子やテレビショッピングから情報を得てコールセンターへ電話をかけた客への質問対応や商品の説明を行い、注文まで受け付けるものです。

一方、テレアポ(=アウトバウンド)は、パソコンなどで予め調べたデータベースや名簿などのリストを参考にして、個人の自宅などにランダムに電話をかけてサービスや商品の案内を行います。
そして、最終的には契約の締結を目指します。訪問日や時間の約束の取り付けや契約の意思の確認のみをテレアポが行い、営業担当のスタッフが契約を行う企業も存在します。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。