不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

仕入(しいれ)

更新日:2018年12月29日

仕入とは

不動産業界において仕入とは、土地などを不動産業者が購入して仕入価格よりも高く売却することで利益を得るビジネスモデルです。

土地を購入して、マンションや戸建てを建築することで高く売ることもあります。
また、マンション建設ために土地を購入してマンション販売を行っている企業に売却することもあります。

こうした、仕入をすることによってかなりの利益を見込むことが出来ます。一般的に、不動産業者は最大3%の仲介手数料が利益になります。こうした仲介手数料と比較すれば土地を購入して売却することは、段違いの利益を見込めます。もちろん利益を得るためには、魅力的な土地を安く購入する必要性があります。

そのためには、仕入ルートが重要になります。仕入ルートには、不動産業者のネットワークを活かすことや、競売物件などを利用します。

仕入に関しては、様々な方法があります。どこから仕入るのかや、どんな土地なのかによって利益幅も変化します。こうした土地に関しては、仕入ルートを確立することで手に入れやすくなります。その土地をどのように活用するかによって、付加価値を付けていきます。付加価値は、利益分となるため大事なポイントです。土地だけでは、それほど大きな利益にならないことも多いです。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

目次