不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

先物(さきもの)

更新日:2018年12月29日

不動産業界においての先物とは

不動産業界において先物とは、直接依頼された業者から紹介された物件のことです。

この場合は、2番目に介入した業者にとって先物物件になります。もともと先物物件という取引形態は存在しないため、あくまで業界内でのみ使われている業界用語です。

さらに先物は、直接依頼された業者が違う業者に紹介することによって、成立します。不動産業界では、直接依頼した業者以外にも複数の業者が介入することがあります。直接依頼された業者以外にとって物件は全て先物ということになります。

こうした業者は、先物物件の買い主を見つけることで直接依頼された業者から仲介手数料をもらえます。それが利益です。
不動産業界において、こうした仕組みは不可欠なものです。不動産業界においては、業者間のつながりはとても重要です。

先物物件は、あくまで借り物の物件です。担当しているわけではないため、そこが直接依頼された物件とは違います。効率的に買い主を見つけるためにある仕組みです。不動産業者のみが利用している言葉でもあります。先物は、買い主にとっても売り主にとっても関係性がない業界用語です。先物に複数の業者がつくことによって、買い主が見つかるスピードも上がります。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。