不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

敷地延長(しきちえんちょう)

更新日:2018年12月25日

敷地延長とは

敷地延長とは、奥まった土地に建っている家の道路部分です。敷延と略することもあります。こうした敷地延長は、建物を建てることが出来る土地も狭くなります。
また、敷地ではありますが道路になっているので駐車場として利用することも出来ないことになっています。こうした理由から、敷地延長の住宅は安いことが多いです。

敷地延長には、メリットもあります。奥まったいるため、周りが静かであるということや交通事故にあうリスクも減ります。さらに、駐車場がある場合にはスペースを広く使うことが出来ます。こうした敷地延長を意図的に選択している人もいます。

住む環境としては、マイナスよりもプラスの面が大きいとも考えられます。メリットをきちんと考えて、住宅を購入することが大事です。そうすることによって、理想的な住まいを購入することが出来ます。現在では、敷地延長を含めて様々な土地に建築されている住宅が増えています。こうした土地の形が少し特殊というだけで、割安になっている住宅はたくさんあります。そのため、土地の形に注目するだけでもかなり割安な住宅を見つけることが可能です。こうした土地の形は住宅価格にかなり影響を与えていきます。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。