不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

買換え特約(かいかえとくやく)

更新日:2018年12月29日

買換え特約とは

買主が、既に所有する不動産を売却し購入予定の不動産の費用に充てることを「買い換え」という。
こうした不動産の買い換えでは、不動産の売却が予想金額に届かなかったり売れなかった場合、不動産の購入ができなくなるケースが多い。

そのため、実際の不動産取引では、別の不動産の売却が上手くいかなかった場合には、買主は不動産を購入する契約自体を解除し、契約を白紙に戻すことが可能な特約を契約に付けておくことがある。こうした特約を「買い換え特約」と言う。

不動産の取引をする事は相手との信頼関係が非常に大事で、交渉をする際に大きな影響を与えます。それはやはり適切な関係を構築していなければ取引を良い状態で進める事が難しく、断裂する可能性があるためです。そうなると不動産を売却出来なくなり、それぞれの人の生活にも痛手と成り得るので何か対策を講じる必要があります。そこで力を発揮する物が買換え特約とされていて、誰が使ったとしても充分な利益を生み出します。

したがって何としてでも不動産の取引を成功させたければ、積極的に買い換え特例を活用する方が賢明な判断です。最悪のケースに備える事も大切で、出来る限り買換え特約の詳しい内容を頭の中に入れるべきです。

記載内容の注意点

・買主に解除権が発生するための条件
 いつまでに、いくらで売却出来ない場合など
・買主が解除権を行使した際の売主の義務
 手付金等が返還されるかどうか?
・買主が解除権を行使した際の買主の義務
 賠償責任などを発生しないかどうか

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。