不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

天ぷら契約(てんぷらけいやく)

更新日:2018年12月29日

天ぷら契約とは

天ぷら契約とは、天ぷらの接待がついてくる契約の話し合いではありません。天ぷら契約はキャンセルを前提にした契約締結を指す言葉です。
不動産業界で契約が取れる取れないというノルマがある会社では、契約が取れていれば良いということで、契約をでっち上げるだけで、契約の中身がないことを指します。
上げると揚げるを掛けた言葉として天ぷら契約と呼ばれている説、天ぷらは中身の大きさがわからないことから、中身のない契約や契約内容の小ささを指すという説と、諸説ある言葉です。

一部の不動産業者が利用していた天ぷら契約ですが、もちろんやっていない人の方が圧倒的に多く、契約として間違っているといえます。現実的に契約を行っていないので、営業ノルマが先延ばしになる事も少なくありません。適切に経過を踏まえた営業やとび込み営業で結果が出せない場合もあるため、ノルマを出さないといけないために苦肉の策として利用している人もいるといいます。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。