不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

一番手(いちばんて)

更新日:2018年12月29日

一番手とは

不動産業界における一番手とは、最初に物件を購入したいと申し込んだ買い主のことです。
人気のがある物件の場合は、複数の人が買いたいと申し込むことも多々あります。そのため、一番手、二番手、三番手の購入希望者がいることはよくあります。
こうした場合には、一番手から優先的に購入する権利が発生します。二番手の人に物件が回ってくる場合には、一番手の人が購入をキャンセルするなどがあります。その他には、住宅ローンの審査に通らなかった場合などは自動的に二番手が購入する権利を得ます。

掘り出し物は、少ないということから魅力的な物件にはこうした事態が起きることもあります。そのため、魅力的な物件を購入するためには一番手になる必要性があります。一番手になるためには、素早く購入の申し込みをすることが大事です。
そのためには、物件を見つけてから申し込むをするまでのスピードがポイントです。

スピード感をもって物件探しをすることによって、こうした一番手になることはかなり容易なものとなります。一番手になることは、魅力的な物件であればあるほど重要です。不動産物件は、多くの人が閲覧しているため人気がある物件には人が集中することが多々あります。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。