不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

実測清算確認書(じっそくせいさんかくにんしょ)

更新日:2018年12月29日

実測清算確認書とは

売買契約した土地を実測して面積の増減が発生した場合、増減分の面積を換算して清算する確認文書です。

土地売買には、「実測売買」と「公簿売買」の2種類があります。土地の面積は実際に測量をしてみないと分かりにくい部分があります。実際に土地面積を測定してみた「1平方メートルあたりの単価」について実際に測定してみたら誤差が生じた何てことも多々あります。売買契約書に記載した「1㎡当たりの単価」に基づき増減した面積を精算します。清算にともない、売買金額が変更となりますので、合意文書(実測清算確認書)を作成します。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。