不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

共同担保(共担)

更新日:2018年12月29日

共同担保(共担)とは

不動産業界において、共同担保(共担)とは、 土地など以外にも建物や私有道路などを担保に設定することです。こうした共同担保を行う場合は、土地のみよりも高額の住宅ローンなどを組むことが出来ます。また、住宅ローンの審査をスムーズに通すために利用されることもあります。共同担保を利用するなら、きちんとどんなものなのかを把握しておくことが大事です。

きちんとした形で利用すれば、リスクは最小限に済ませることが可能です。実際に利用する場合は、融資担当者に質問をすることも大切です。そうすることによって、担保の特性なども分かります。収益物件のような投資用不動産に適用されることもあります。

投資用不動産などの場合は、建物以外にも家賃収入が担保になる場合もあります。共同担保は、簡単に言えば、複数の資産を担保にすることで金融機関側のリスクを減らすことが目的となります。

こうしたリスク管理をきちんとすることは、金融機関にとって重要なポイントです。共同担保を利用する場合には、それだけ金融機関がリスクを感じているということでもあります。共同担保にして、審査が通るならそれほどマイナスではないと言えます。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。