不動産トラブル弁護士ガイド

不動産トラブル専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

売建住宅(うりたてじゅうたく)

更新日:2018年12月28日

売建住宅とは

売建住宅とは、デベロッパーと呼ばれる不動産開発業者が先に土地を売ってから、その後購入者と請負契約を結んで住宅を建てることです。

つまり、売ってから建てるので売建住宅となります。また、先に家を立ててから販売する建売住宅とは異なり、土地の売買の後で建物を建てるため、建物は個別の建築請負を依頼する形となります。売建住宅の特徴として、間取りなどを自由に設計することができますが、建築を請け負う施工会社があらかじめ決まっていてるため、施工会社にあるプランから選択しなければならないなど限定される場合もあります。これがいわゆる「建築条件付土地」という売買手法です。また契約については、土地のみの売買契約と、建築物のみの請負契約の2つがありますが、仲介業者が入る場合、土地の価格に対してだけでなく建物の価格に対しても仲介手数料が掛かることがあるので注意が必要です。建売住宅よりも設計について自由度が高く、注文住宅よりも費用が抑えられるという点が特徴となっていますが、売建住宅を検討する際は、住宅の間取りや設計プランの自由度、施工会社、契約内容の種類や中身、仲介手数料が掛かる範囲などを、あらかじめ十分に確認することが重要です。

購入の契約時にはまだ住宅は建てられておらず「建築条件付土地」の上に建てられるのが、売建住宅です。
建売住宅とは異なり、土地の売買の後で建物を建てるので、建物は個別の建築請負となります。

この記事の著者

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部の画像

不動産トラブル弁護士ガイド 編集部

不動産トラブルに関する記事を専門家と連携しながらコラムを執筆中 ぜひ弁護士に相談する際の参考にしてみてください。 今後も不動産に関するお悩みやトラブル解決につながる情報を発信して参ります。